CT検査の服装は?注意点や外すべき物などまとめ!

ct検査の服装と注意点
スポンサーリンク

X線を照射して人体内部の断面像の撮影ができるX線CT検査ですが服装で悩む人は多いようです。

そこで今回はCT検査を実際に担当している放射線技師が、検査に適した服装についてまとめていきます!

最初に答えを書いてしまうと、病院やクリニックには検査着が用意してありますし、何を着ていっても着替えればOKなので深刻に考える必要はないのですが、、、

CT検査を受けるときの服装と注意点

一言にCT検査とは言っても撮影する部位によって服装の注意点は異なります。

頭部

頭部CTは当然のことながら頭部が撮影範囲となるので、眼鏡やピアスといったアクセサリー類は外す必要があります。

撮影時に外さなければならない物の例

  • ピアス
  • イヤリング
  • 眼鏡
  • 補聴器
  • ヘアピン
  • 入れ歯
  • ウィッグ、カツラ

などなどが挙げられます。

一言で言ってしまうと外せる物は外して下さい!

ということです。

 

カツラやウィッグを付けている方は当日は外してくるか、検査前にササッと外せるようにしておくのがベター。

 

では何故、外すように言われるかというと金属があると撮影した画像に悪影響を及ぼしてしまうからです。

こちらは脳動脈瘤のコイル塞栓術をうけた人の頭部CT画像。

頭部ctのメタルアーチファクト

コイルが原因で白い線が放射状に写っていますが、金属が原因で読影を妨げるアーチファクト(障害陰影)を発生させてしまうのです。

専門用語ではそのままですがメタルアーチファクトと呼ばれています。

今回紹介した画像は脳内のコイルですが、身体の外にあっても同じようにアーチファクトが発生します。

 

MRIで金属持ち込みが禁止の理由

CT装置と見た目そっくりなMRIでは金属を検査室内に持ち込むことすら許されません!

理由は以下の画像の通り金属を吸い込んでしまうからです。。。

MRIの吸着事故

MRIの吸着事故

詳しくは以下の記事をご覧ください。

MRI検査の服装と注意事項をまとめ!理由も紹介します。

2017.08.01

胸部CT

胸部CTの場合は撮影範囲が首~臍あたりまでなので、頭部CTで外す必要があった眼鏡やピアス、補聴器は付けたままでOKです。

アクセサリー類でいうとネックレスはNGとなりますので外すようにしましょう。

 

そして胸部ということで気にしなければならないのが洋服、そして女性であれば下着・ブラジャーです。

着替えることなくササッと検査を受けたいなら肌着+Tシャツを着ていきましょう!

ブラジャーはワイヤーのプラスチック素材、ホックの金具が写ってしまうので、外して検査をすることになります。

胸部レントゲンの服装は黒色無地の肌着がお勧め!女性必見!

2016.03.04

こちらの記事でも紹介していますがブラジャーを付けたままだと、胸のサイズが分かるようにはっきり写りますしね。。。

付けていないと嘘をついても絶対に後で分かりますし、恥ずかしい思いをするだけなので外して下さい。

レントゲンに映ったブラジャー

こんな感じで写りますので、、、

 

その他、ジャケット等の上着やトレーナーやパーカーなども脱ぐように言われます。

Tシャツに関しては着たままでOKですが、派手な装飾がされているアバンギャルドな服だと脱ぐように言われるでしょう。。。

腹部・骨盤CT

腹部・骨盤CTでは剣状突起から骨盤上部、もしくは恥骨までを範囲としますが男女ともに問題になってくるのはベルトですね。

僕の病院では腹部から膝あたりまで隠せるようなタオルを掛けて、ズボンごと膝上あたりまで降ろして貰っています。

ベルトだけを外してもジーンズだったりすると、ボタンがメタルアーチファクトの原因になりますからね。

 

こちらの画像は人工股関節が原因によるメタルアーチファクト。

人工股関節メタルアーチファクト

 

その他、コルセットも外さなければなりませんがコルセットを外すと辛いという方は、CTのベッド上に腰を掛けてから外しても何の問題もありません。

検査を担当する技師に伝えれば装着・脱着を手伝ってくれますので気を使わず申し出て下さい。

 

腰の状態が悪いのにCTがあるからといって当日に家から外してくる必要はありませんよ!

湿布やエレキバンも外しましょう

CTでは外せる物は外すが基本なので湿布やエレキバン、貼るカイロなども外して検査を受けて下さい。

湿布程度であれば画像に影響を及ぼすといったことは無いのですが、誤診の原因となることも無いわけではありませんからね。

ペースメーカー、植込み型除細動器(ICD)

心臓にペースメーカー、除細動器(ICD)を植込んでいる方は必ずDrまたは放射線技師まで申出て下さい。

検査を受けられないわけではありませんが受けるにあたっては注意が必要となります。

ct検査とペースメーカー

出典:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/dl/s1225-15c.pdf

腕を挙げる理由

最後に服装ではありませんが知っておいて欲しいことを紹介します。

胸部、腹部、骨盤部のCTを撮る時には両腕を挙げて頭の上で組んでもらっていますが、この理由としては腕への無駄な被ばくを避けるためというのが1つ。

 

さらに説明すると腕からのアーチファクト抑制、また腕が撮影範囲に入ることによる放射線量の増加を抑えるためです。

 

CTに限らずレントゲン、MRIなどでは検査を受けるときに放射線技師からあれやこれや言われるのでイライラされる方もいるかもしれませんが、正しく検査を受けないとあなた自身が不利益を被ってしまうことになることを知っておいて下さい。。。

スポンサーリンク

“あなた”にオススメの記事



 

技師の大学・専門のパンフレットを無料請求

技師を目指す前に就職率・カリキュラム・入試情報が載っているパンフレットは必須です。貴重な情報は積極的に集めることをオススメします!学校も少ないので興味ある所を複数取り寄せて比較してみましょう。


⇒2017年9月29日まで7校以上の無料請求で図書カード500円分が貰えるキャンペーンを実施中です!

2 件のコメント

  • いつも記事を楽しく拝見させていただいております。同業者でございます。

    >胸部、腹部、骨盤部のCTを撮る時には両腕を挙げて頭の上で組んでもらっていますが、この理由としては腕への無駄な被ばくを避けるためです。

    上記部分を訂正させてください。
    腕を挙上するのは、腕からのアーチファクトの抑制、および腕がはいることによる全体の線量増加を抑えるためです。

    もうひとつ・・・
    表紙の頭部CTが上下逆・・・です

    今後もブログ続けてください。楽しみにしています!!

    • コメントありがとうございます。

      アーチファクトの説明をしておいて、腕からのアーチファクトについて書き忘れていました。
      ご指摘通り訂正をさせて頂きます。

      頭部CTについてもありがとうございます。
      アイキャッチ画像なのでまったく気にしませんでした、、、

      今後もハイペースではありませんがマイペースで更新を続けていきます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA