レントゲンとX線の違いとは?レントゲン=X線です。

x線とレントゲン
スポンサーリンク

レントゲンX線の違いについて説明してみます。

いきなり答えですけど、どちらも同じです。

『レントゲン=X線』という認識で問題になることは、ほぼありません。

レントゲン撮影だったりX線撮影だったりするのはどっちも正解だからですね。

X線CTをレントゲンCTっていう人はいないですけど、、、

レントゲンは人の名前

レントゲンとX線って2つあるのは何なのよって話ですけど、X線を最初に見つけた人の名前がヴィルヘルム・レントゲンというので、 X線をレントゲンと言います。

ドイツの物理学者で、かの第1回ノーベル物理学賞を取っている大先生です。

 
ある日、目に見えない謎の光を発見したレントゲン博士

手に当ててみたらなんと骨が写った!

これは謎の光だ!未知、無限という意味があるXを使ってX線と名付けよう!となって今に至るそうです。  

星を最初に見つけた人が名前を付けることができたり、創業の名前が会社名になったみたいな感じですよね。

塩野義(シノノギ)製薬を創業した人の名字が「塩野義」だから今に至るみたいな。

使い分けは?

明確にこういう時はレントゲンとかX線っていうのはありません。  

最初にも書いたとおり X線CTっていうけどレントゲンCTとは言わなかったり レントゲン写真はX線の性質を利用しています。

っていうのは正解なんですけど X線写真はレントゲンの性質を利用しています。とは言わなかったり

病院によってもレントゲン写真・撮影だったりエックス線写真・撮影だったりX線技師って言う人は少ないけど、レントゲン技師って言う人は多かったりややこしいですね。  

あとレントゲン技師ってのはそもそも間違いだったり。。。

何言ってるのかよく分からなくなってきたので、もうやめておきます(T_T)  

いっそのこと昔使われていた放射能の単位であるキュリー[Ci]みたいにどっちか廃止してくれたら助かるんですけどね。

まあ単位じゃないから無理な話なんでしょうけど。  

結論:気にしなくていい

放射線技師の僕がこんなこと言うのもあれなんですけど、 X線でもレントゲンでもどっちでもいいです。

キッチリしたい!私几帳面だから!とう人は自分なりにどちらかに絞って使ってみてください。  

僕のお勧めは「X線」です。

X線をレントゲンにすると、ちょっと違うんじゃない!?ってなったりしますけどレントゲンをX線にしても、おかしなことにはなりませんので。。。きっとね。  

最初から最後までふわふわした記事でしたが、お付き合いありがとうございましたm(_ _)m  

スポンサーリンク

“あなた”にオススメの記事