照射録の記載事項と保存期間、作成方法。立入検査で確認

照射録の記載方法・様式・作成方法・保存期間の説明

技師の仕事である照射録の作成。放射線技師法では以下のように明文化されてます。

(照射録)
第二十八条 診療放射線技師は、放射線を人体に対して照射したときは、遅滞なく
     厚生労働省令で定める事項を記載した照射録を作成し、その照射につ
     いて指示をした医師又は歯科医師の署名を受けなければならない。
   2  厚生労働大臣又は都道府県知事は、必要があると認めるときは、前項
    の照射録を提出させ、又は当該職員に照射録を検査させることができる。
   3 前項の規定によつて検査に従事する職員は、その身分を証明する証票を
    携帯し、且つ、関係人の請求があるときは、これを呈示しなければならない。

国家試験の勉強でよく見た文章ですが、働き出してから見てみると結構適当だなと いう印象です。保存期間とか書いてないし。。。僕なりに補足してみます。  

照射録はレントゲンを撮ったら作成

医師からの依頼でレントゲン、CT撮影をしたら照射録を作らなくてはなりません。

ただ医師が自ら撮影したときは照射録を作成する必要はありません!

必要な記載事項

  • ① 照射を受けた者の氏名,性別及び年齢
  • ② 照射の年月日
  • ③ 照射の方法(具体的にかつ詳細に)
  • ④ 指示を受けた医師または歯科医師の氏名及びその指示の内容  

定められている事項はこれだけなので以下の様に書いておけばOKです。

  • ①○○ともき様 男 30歳
  • ②平成28年1月5日
  • ③140kV 1mA 0.05s 200cm
  • ④胸部立位PA撮影 医師の署名   技師名の記載は必要ありません(x_x;)

国試の頻出問題で嫌というほど教えられます

放射線技師国家試験の勉強方法と出題傾向を合格者が語る

2016.01.07

ただ実際は記載してる病院がほとんどです。

ていうか書かないと怒られます。  

僕も年に1回の病院立入検査のときに、技師名が書いてない照射録があるよ! と保健所の職員に指摘されてしまいました(T_T)

技師法では必要無いことになってますけど、実際の現場では書くようにしましょう。

1つでも指摘事項があると落ち込むものです。。。

医師の署名に関しては電子署名、印鑑、直筆サインのどれでもOKみたいですが 立入検査職員次第で、これは駄目だよ!改善して!と言われることもあるようです。

被曝線量は不要!?

被曝線量については照射条件をしっかりと記載しておけば、書く必要はないみたいです。

RIS、PACS、一般撮影装置が連携して自動的に被曝線量の計算を行ってくれるシステムを組んでいるところもありますが。

 保存期間

照射録は○年保存すること!みたいな規定は無いみたいですが 一般的に医師法24条で定められている診療録、カルテと同じく 5年保存して置けば間違いは無いです。

5年といっても6年目になった瞬間にシュレッダーや廃棄処分するという施設も少ないとは思いますけどね。

余談ですが電離放射線健康診断の結果は 30年保存なので捨てちゃダメ!  

電子カルテが自動で作ってくれる

ただ実際に手書きで作成したことある技師っていうのはどんどん減ってると思います。

電子保存も認められていますし、最近は電子カルテが自動的に作ってくれてます。

紙カルテと電子カルテのメリット・デメリットを現場職員が書く!

2016.02.10

東芝のCTだとCT装置が照射録作ってくれます。  

システム担当や技師長が電カルの照射録を管理していて 若手の技師は照射録なんて気にしたことが無い人も多いです。

良いのか悪いのかですね。。。 「我が病院の照射録はどのように管理されているのでしょうか?」と尋ねてみましょう!きっと優しく教えてくれますよ!

それか冷たい態度で「電子カルテ見たらいいじゃん」と言われるリスクもありますが。。。

今まで気にも留めなかった照射録について見つめ直すと新たな発見があるかもしれません!

スポンサーリンク