診療放射線技師とレントゲン技師の違いについて

放射線技師の名称

僕の仕事は 診療放射線技師って言われることもあれば
レントゲン技師って言われることもあります。
診療エックス線技師って言う人も稀にいますね。
個人的にはどっちで呼ばれようと全然気にしませんが。。。
どれが正しいの?という非常にニッチな内容の記事です。

診療放射線技師が正しい

答えから言いますと現在は 『診療放射線技師』が正式名称です。
レントゲン技師っていうのはあくまで通称ですね。
インスリンをインシュリンって言うみたいな。全然違うか。。。

以前の記事【レントゲンとX線の違いとは?レントゲン=X線です。】でも
書いた通り使い分けが曖昧なので、呼ばれ方も曖昧になってしまったという
悪い例です(T_T)レントゲン室かX線室かぐらいは統一して欲しいです。  

診療放射線技師って長いし呼びにくいので
病院でも『技師』とか『技師さん』とか『レントゲン技師』って呼ばれます。  

医師を医者、お医者さん、ドクター、先生。
看護師をナース、看護婦。 理学療法士をリハビリの先生。
作業療法士もリハビリの先生。 など色々な呼び方があるのと同じですね。
まあ医療従事者で看護婦って呼ぶ人は少ないとは思いますけど。

技師同士で先生って呼び合う?

放射線技師同士が互いに○○先生って呼び合うことは この2015年の時代では、
ほとんど無いと思います。

普通のサラリーマンみたいに○○さん、○○君です。
他の職種からレントゲンの先生って呼ばれることはあるかなー程度です。  

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など複数職でリハビリテーション課を
形成しているリハビリ職は○○先生と呼び合うことも多いみたいですが。  
基本、医師だけですね先生って呼ばれるのは!  

診療エックス線技師は廃止

昔は『診療放射線技師』では無く『診療エックス線技師』という正式名称でした。
何故変わったのかというとエックス線だけじゃなくα線、β線や電子線など
放射線治療で様々な種類を扱うようになったからです。  

『診療エックス線技師』は昭和58年に廃止され
『診療放射線技師』に統一されました。  

『診療エックス線技師』になりたい!と思ってもなれませんので
『診療放射線技師』を目指してくださいね!  

職業を人に聞かれたら

僕は正式名称である『診療放射線技師』ですと言っても理解してもらえる確率が
非常に少ないので『病院でレントゲン撮ってる人』って説明してます。

それでも伝わりにくいときは『病院で検査する人みたいに
かなりザックリと答えています。  

いつかは国民から見える職業!?になって
『診療放射線技師です』と言って誰にでも分かってもらえるように
なりたいようななりたくないような。。。
話のネタにはなりますからね。珍しい職業を説明するっていうのは。

スポンサーリンク