放射線技師国家試験の勉強方法と出題傾向を合格者が語る

放射線技師国家試験の勉強方法と出題傾向

こんな僕でも診療放射線技師国家試験には1発で無事に合格しました。
もう10年ぐらい前のことですけど、問題見る限り大きな変化は 無さそうなので、過去の勉強方法と出題傾向でも書いてみます。  

難しい試験ではないので、真面目に勉強してれば大丈夫ですけど、参考にして頂ければ幸いです。

過去問10年分やれば合格できる

いきなり結論というか合格するにはという方法を書きますが間違いなく過去問10年分を95%理解しておけば合格できます。

いわゆる赤本と言われている問題集を完璧にしておけばこれ1冊で合格!間違えた所は調べて理解しての繰り返しですが、答えを覚えてしまうリスクがありますので、1問1問理解することを徹底してください。

なんで95%なのかというと、覚えるの諦めた問題が5%ぐらいあったので、、、例を出すと医用工学の3相交流は捨ててました。
あんなの覚えてもしょうがないと思ったし、出題確率少ないしね。

必死に覚えたところで、放射線に関係無くて化学とか物理問題にも結び付けられないし(T_T)

あなた自身がイラナイ!と思ったら諦めが肝心です。感覚として5%は捨てて大丈夫!10%だと危険な気がするので辞めてください。。。責任とれないし。。。  

国家試験の出題内容

ご存知の通り国試は200問出題されて6割の120問正解で合格です! 以下は風の噂で聞いた国試の簡単な内訳です。

200問中120問は過去問と同じ

なんと120問は選択肢の順番が違う、問題分が少し違ったりで、ほぼ同じ問題が出題されるという噂です。

以下のような覚えやすい頻出問題は確実に点を取りましょう。

機能血管と栄養血管とが異なる臓器はどれか。2つ選べ。
1. 肺臓
2. 肝臓
3. 脾臓
4. 腎臓
5. 膵臓

答えは1の肺、2の肝です。

肺の栄養血管=気管支動脈
肺の機能血管=肺動静脈

肝の栄養血管=固有肝動脈
肝の機能血管=門脈

この問題には出ていませんが心臓も違いますね!

心臓の栄養血管=冠動脈
心臓の機能血管=大動静脈、肺動静脈

造影CT・MRIや心カテ・IVR業務に携わる際に必ず役に立ちますので学生のうちに覚えておきましょう。

200問中40問は過去問を捻った問題

例えば今までずっとα線の定番問題だったのにβ線に変わってる。

最も感受性が高い物ではなく、2番目を選べに変わってる。みたいな。。。 2割の問題は、過去問を捻った問題が出るそうです。

そして残りの40問は!?

新規問題だそうです。 初めて見る問題だからといって難しいとは限らないですね。

僕が受けた時も、この問題は初めてだ!でも簡単!やったー!っていうのが多かった印象です。恐れる必要はありません。

こんなの無理だろ。。。ってのもありましたけどね(x_x;)  

国家試験本番で初見の問題が出たときはビビリますけどね。。。マジかよ、1点落とした。。。って間隔に陥りますが冷静に対処しましょう。

言われて見れば納得するのでは?

上に書いた出題傾向は噂でしかないので参考程度にしてください。

ただ僕は過去問やりながら確かにそんな感じだなーと思いました。

本番の試験も過去問6割、少し変わったの2割、初見2割だったなー って思いましたしね。

国試は簡単に感じるはず

大学・専門学校で行われる模試のほうが難しく作ってあるので、本番は簡単に思えるはず!卒業できた人なら余裕で合格できるレベルです。  

卒業試験に通ったということは、学校からあなたは確実に合格できますよ!というパスポートをもらったようなものですので!

最後の1年が勝負

過去問集さえやれば合格するとは行っても、内容も理解しないといけないですし 1年間はしっかり勉強してくださいね。数ヶ月本気出せば受かるとは言えません)

就職試験などを考えるともっと早めに取り組んでも良いのかもしれないということについては以下の記事で。

公務員、大病院に就職したい放射線技師の学生は4月から本気を出せ!

2016.01.27

1回落ちると、2回目以降の合格率は極端に下がるそうですので。。。現役ストレートの合格率は90%超え、2回目の人は60%ぐらいという噂です。

想像してみてください!国試浪人ほどつらいものはありませんよ(T_T)

スポンサーリンク