ワードプレスで記事を書くときエンターで改行は絶対駄目!?

ワードプレスで記事を書くときエンターで改行は絶対駄目!

ワードプレスを使ったのは、このブログが初めてです。
初めてにしては、それなりに見えるデザインになってるのかなーと
勝手に自己満足していますが、開設3ヶ月目に入ったおめでたい頃なのに
修正点が見つかりました(x_x;)つらいよー

改行と段落の使い分け

その修正点とは改行と段落の使い分けについてです。
ブログ運営HowTo記事をメインでやっているわけではないので、
詳しい説明は省略しますが、<br>タグと<p>タグというのを使い分けないと
駄目なホームページとして認定されてしまう恐れがあるそうです!

同じタグばっかり使われていると、
このホームページは手抜きをして作られているんだな!と判断するそうです。
インターネットの世界は奥深いですね(x_x;)

全て段落で改行してた

少しでもHTMLに触れたことのある人なら分かると思いますが
<br>タグっていうのは改行したいときに使います。
そして<p>文字列</p>タグというのは段落です。

この2つのタグを適切に使い分けないといけないのに
我がブログは今まで全て段落<p></p>タグを使って改行をしていました。

ビジュアルモードの落とし穴

ワードプレスの記事の書き方は初心者に優しいビジュアルモードと
タグが見える状態で打つプロフェッショナル向けのテキストモードがあります。

ワードプレスのビジュアルモードでエンター改行をした悪い例

ワードプレスのビジュアルモードの画像

ワードプレスのビジュアルモードでエンター改行をした悪い例

ワードプレスのテキストモードの画像

別にどっちで書いてもいいんですが、
ビジュアルモードには1つ落とし穴が隠されていたのです!

エンターだと改行じゃなくて段落扱い

エクセルとかワード感覚でエンターを押して改行すると
ビジュアルモードでは改行ではなく段落として扱われてしまいます!

まとまりのある文章が終わるときだけ段落にしないといけないのに
僕のブログは1行1行の改行をすべてエンターで行っていたため
1行ごとに段落があるという、言ってしまえば箇条書き状態で
構築されてしまったのです!

人間からの見た目だと、段落っていうほどスペースが空いてなかったのは
僕が行の高さを調整したからです。
「エンターするとやたら行間が空いちゃうぞ!じゃあ狭くしよ!」って
思い立ち、スタイルシートまで弄って狭くしたのが失敗でした(x_x;)

あのときに、なんでこんなに行間空くんだろうか?なんか意味があるのかな?
ってことに気が付けば、良かったのに。。。
ちょっとでも疑問に感じることがあったら、立ち止まって考えることは大事ですね。

改行するにはシフトとエンター同時押し

改行をするにはシフトキーとエンターキーを同時に押す必要があるそうです。
これからワードプレスでブログを始めようと思った人は気を付けてください!

段落との使い分けですが、見やすいようになっていればOKだそうです。
改行ばっかりとか、段落しか使ってない!っていうのはOUTです。

修正作業

こんなことを知ってしまったので、過去記事全て修正中です(x_x;)
まだ60記事ぐらいだったのが不幸中の幸いです。

1記事1分としても1時間で直せるので。。。ただ想像以上に単純作業なのが辛い。
既に出来上がっている文章を、見やすいように改行していくだけなんだけどね。
句読点や文章の終わりを探しては
シフトエンター・シフトエンター・エンター・シフトエンターみたいな感じ。
権藤、権藤、雨、権藤を思い出します。

改行と段落まとめ

改行するときはシフト+エンターの同時押し
段落を変えるときはエンター

改行と段落の使い分けは、読みやすくなるように使えばOK。
だそうです。

ワードプレッサーになりたい方はご注意を!

スポンサーリンク