放射線技師になる前に知っておきたい4つの情報をまとめ!

放射線技師になる前に知っておきたいこと

まだ技師の養成学校に入る前の人に向けての記事です。
知っておいて損をしない情報を4つ紹介してみます。
あくまで僕の思うことなので、参考程度にして下さいね!

養成学校選び

大きく分けて大学か専門かってことになりますね。
学力があるなら大学に行ったほうが得策だと思います。
私立だと学費の問題もありますが。。。  

就職率は専門学校でも100%近いですが、これは嘘ではありません。
ただ非正規職員、クリニック、個人医院への就職だったり
言い方がキツイかもしれないですが、将来を考える不安定なところで
就職せざるを得ない人が多いのも事実です。  

安定した病院!?という言い方が合ってるかは分かりませんが、
普通の大学でいう一部上場企業みたいに、
大きくて安定した医療機関に就職しやすいのは大卒です。  

留年に容赦がない

医療系の学科ということで、卒業後国家試験に合格しないと意味がありません。
学力が進級に値しないと判断されたら、容赦なく留年です!
学校の受験者数に対する合格率を上げるために、卒業判定も厳しいです。  
まあ普通に勉強を真面目にやっていれば大丈夫ですけどね。。。
甘く見ては駄目だよ!ということで。  

お金持ちになりたいならお勧めしない

高給だったのも昔の話で、今からの技師は平均年収に手が届けば十分だと思います。
看護師さんみたいに出世したら副院長のポストがあるわけじゃないですし、
せいぜい放射線技師をまとめる部長止まりです。
事務長兼技師にでもならない限り、1000万は無理でしょう。
まあ世の中お金ではないと思いますが(x_x;)  

コミュニケーション苦手な人は駄目

CT、MRIはパソコンだし、胸部レントゲンも流れ作業だから
人とコミュニケーション取らなくても良さそう!と思ってるのなら間違いです。  
患者さんからするとレントゲンは服も脱がないといけないし、
被曝もするしで痛みはないものの不安を感じる検査です。

なんで○○を撮るのに△△の服を脱がないといけないの?
CTって癌になりやすくなるって聞いたんだけど大丈夫なの!?  
みたいな質問をされることも多いです。
どちらも聞いてる人からしたらデリケートな問題です。
ここで上手く説明できないと、下手したらクレームつきますので。。。
人と会話するのが苦手な人は直してから技師になって下さい。  

技師になりたいまとめ!

少しだけ厳しく書いたところもありますけど、
今の日本で楽な仕事なんてありません。
何事にも全力で取り組んで下さい。そうしないと明日は開けないです(x_x;)
変なまとめになっちゃいましたね。。。 

スポンサーリンク