放射線技師の1日の仕事の流れとは!開業医、クリニック編

bsN811_oyatunojikanwosasutokei

病院での1日については以前の記事をご覧ください! 今回は開業医、クリニックで働く技師の1日についてです。

院長が1人いて看護師さんが5名。

あとリハビリ、事務受付、技師を 合わせて10人~20人ぐらいで仕事してるような 町でよく見かけるクリニックを例にして書いていきます。  

クリニックの放射線技師の1日

病院と同じで、定時での出勤時間は8時~9時の間です。 出勤してまず技師としてやることは医療機器の始業点検ですね。

悲しいかな医療機器が動かないことには我々技師は無力となりますので。。。   少しでも調子悪いな~と思ったら、点検簿に忘れないように メモ書きしておきましょう!

CTの電源を正しい手順でOFFにしたのに、ワークステーション(パソコン)が 落ちない。。。とか些細なこともメモ書きを!  

開業医、クリニックだと医療機器の保守点検プランに入ってなかったりします。 CTとかだと1年で100万ぐらいするので。。。

院長であるDrは壊れたら修理に来てもらえば良い!って考えの人が多いです。 お金、経営に関わることだし、保守に入りましょう!と 技師が口出ししにくい部分もありますが、、、

あなたなりにトータルで考えてメリットが上回ったら、交渉してみてください。   CTのX線管球が天に召されると、交換費用で1000万円近くします。

院長も営業から聞かされているはずですが、技師からも言っておきましょう。 保険的な意味を込めて。話が脱線しましたが。。。  

午前中は忙しいところがほとんど

クリニックだと技師を雇ってないところも多いです。 レントゲン撮る患者さんが少ないところだと、 医師が自分で撮ってるところも多々あります。

わざわざ技師を雇うということは撮影が多いということで、 忙しいところがほとんどですね。  

患者間違い、部位の間違いなど無いようにスムーズに撮影を こなしていきましょう。  

余談ですがクリニックだと毎週のように来る患者さんも多く、 技師も少ないので顔を覚えられます。 ということで、軽い世間話のスキルが求められます。  

昼休憩は長い!

午前中の終わりは診察の受付時間が終わってから 数分~30分後!患者さんがいなくなるまでは技師も待機ですね。  

そしてクリニックの昼休憩は長いです。 09:00~12:00 午前の受付時間 15:30~19:30 午後の受付時間 多くのクリニックが午前と午後の間は3時間ぐらい空いてます。

この時間、職員は何をしているのかというと、本当に人それぞれ。 子供がいる看護師さんだと昼に1度家に帰って、家事をする人が多いみたいです。  

クリニックに就職しようと思っている人はこの昼の過ごし方を考えましょう。 昼寝するなり、家事するなり、買い物するなり。 休憩なので何してても良いんですが、 1日のうち自由に使えるようで使えない3時間ですので計画的に。  

午後の業務~終業

病院より遅い時間まで診察してる所がほとんどなので、 学校、仕事帰りの患者さんが多く来ます。 午前中と同じぐらい忙しいです。  

技師を余裕持って雇ってるところは皆無だと思いますので、 クリニックでの1日は忙しいと思って下さい。  

そして最後に医療機器の終業点検です。 基本的には院長から放射線関係のことは全て任されます。(機器更新、保守などお金に関わることは別ですが、、、)

最初から最後まで責任を持ちましょうね!  

クリニックのまとめ!

以上クリニックでの1日でした。基本的に午前も午後も忙しいです。  

稀に撮影件数が少なくて技師だけ暇な職場もありますが、居心地は悪いです。 あの人、仕事してるの!?みたいに思われること間違いなしです。

何かできることを探して手持無沙汰にならないようにしましょう。   信頼されれば何でも任せられるようになり、事務長のポストに就けるかも!? 夢・希望は高くということで!

[blogcard url=”http://housyasengishi.com/kyuzin-tensyoku”]
スポンサーリンク