人の顔を3Dプリンタで印刷したときのイメージ画像!?

人の顔の3D画像

CTやMRIで撮った画像を3D化するのも放射線技師の仕事の1つです。
普通は人体の中にある臓器や血管を3D化しますけど、
このブログは仕事じゃなく、僕が勝手に書いているだけなので、
普段3D化できない顔の画像でも作って紹介してみます。  

CTを撮られたら本当に丸見え

医師からの依頼があれば別ですけど、職場で顔の3D作ってたら怒られます。
理由は作る必要が無いからです。顔の表面なんて見れば分かりますからね。
なので家のパソコンでコソコソ作業しました(x_x;)
1分でサッと作った顔の画像!滅茶苦茶雑ですけど。。。

CTから作った3Dの顔!

CTから作った3Dの顔!

CTの元画像はネットで公開されているのを拾ってきました。
作成ソフトもネットで無料の物を落としてインストールしました。
ただ無料なので使い物にならないレベル!やってられない(x_x;)
顔の横にある枕!?を切り抜きしたかったのに操作が分からなかった(x_x;)
病院で使ってるソフトの偉大さを知ることになって良かったと
ポジティブに捉えますけど。  

医療に関係する機器、機材、そしてソフトウェアは非常に高額です!
無料で多くを求めた僕が悪かったです。。。  
こんな記事を書いたのは体内まで見えるCTなので、
体外も当たり前のように見えますよ! ということが言いたかっただけです。
意外と知られていないようなので。  

別角度

もうちょっと綺麗にした画像を別角度で。

3DCTの画像作成

3DCTの画像作成

なんとも不貞腐れているようです!
こんな画像作ってたら怒られて当たり前ですね。  
無料の質が悪いソフトでも、このぐらい顔で3D化できちゃいますので
下世話な話ですけど、胸とかも簡単に形できちゃいます。
それは言うなよって怒られそうですけど。。。
作ってる技師はいないと信じてますので(x_x;)  

肺の3D画像

顔だけじゃなんとも中途半端なので、肺の3D画像もついでに!

肺の3DCT

肺の3DCT画像

これは僕が過去に作った画像。
作るの大変そうに見えるかもしれないですが、2分ぐらいで完成します。  

職場体験で中学生が来たときには、この3D画像を作成させてます。
良いのか悪いのか何でも自動化されているので、肺の3Dぐらいなら
初めて作る人でも5分もあれば形になっちゃいます。  
ただこんな画像は病院では求められないです。
難しい3Dの依頼のときは技師が何人も集まって作り上げることも
珍しくはありません!コミュニケーションは大事!  

3Dプリンター

CTをつかった3Dプリンターなら、本当に何でもできちゃいますね!
恐ろしい世の中です。

スポンサーリンク